パワーストーン基礎知識

パワーストーンの紐が切れた意味や恋愛への影響|切れた人の体験談

投稿日:

パワーストーンの紐が切れたときは、何らかの意味を持つと言われています。

願いが叶う!または、叶った!と思う人もいれば、何か悪いことが起こるかもと不安になりますよね。

そこで、パワーストーンの紐が切れることの意味や原因についてお話したいと思います。

また、切れたあとの修理方や石への対応の仕方もまとめたので、参考にしてみてくださいね。

パワーストーンの紐が切れたときの意味【良い意味】

パワーストーンの紐が切れた意味

パワーストーンが持つ力を最大限に発揮したとき、紐が切れることがあります。

あなたの運気、人生がプラスに好転した表れなので、石がもたらしたチャンスをしっかり掴みましょう。

願いが叶う、叶った

パワーストーンは石ごとに作用する力は変わりますが、持ち主の願いを助ける意味を持つ石を身につけることで、願望成就に繋げてくれるもの。

あなたの願いが何らかの形で叶ったとき、パワーストーンが力を発揮した意味で石の紐が切れたり、亀裂や欠けたりして知らせています。

実際にパワーストーンショップに修理に来た方も、小さいものから大きいものまで「切れたときに願いが叶った!」と報告してくれる人も多いようです。

持ち主の身代わりの役目

あなたに不吉な出来事やトラブルが訪れるとき、その災いをパワーストーンが吸収してくれて身代わりになってくれる効果もあります。

災いを軽減してくれたり、全く身に降りかからなかったときにパワーストーンが力を使った証拠。

良く口コミで耳にするのは、重症になるような事故なのに無傷だったときパワーストーンが切れたという話です。

恋愛では、彼と喧嘩したときにパワーストーンが切れて、大事にならなかったという話もありました。

パワーストーンの紐が切れたときの意味【悪い意味】

パワーストーンの紐が切れた意味

パワーストーンの紐が切れたときは、何らかの悪い出来事の予兆とも言われます。

しかし、これはかなり稀なこと。

一般的には吉兆の方が多いので、パワーストーンが何かを知らせてくれたという心の中捉え方次第で未来が変わっていきます。

悪い事の前触れ

あなたにこれから訪れる負のトラブルを察知し、切れて先に知らせるという意味を持つこともあります。

しかし、トラブルに石が反応しているということは、少なからずトラブルを軽減してくれているということ。

また、訪れた試練は、あなた自身を成長させるために必要なものとして石が与えた可能性もあります。

恋愛や復縁に効果のある石のなかでは、不運な状況から高めてくれるラピスラズリが試練を与えるとして知られていますね。

試練を乗り越えた先には大きな幸運が待ち受けているので、かならずしもトラブルがあなたを不幸にさせるだけだとは限りません。

縁が切れる

身内で誰かが亡くなったり、恋人や友人との関係が切れる意味とも言われています。

ただ、必ずしも人間関係の縁が切れるとは限りません。

運気の区切りとして、「悪い運との決別」の意味を持つときもあります。

縁が切れる前兆ではないかと心配な方は、普段連絡を取らない人に連絡してみたり、人に優しくしてみたりと、不吉な予兆をプラスに変えるのはあなた次第ですよ♪

パワーストーンの劣化や気の負担が原因の可能性も

パワーストーンの紐が切れたとき、必ずしも良い兆しや悪い兆しが訪れたとは限りません。

紐の劣化か、あなた自身の状態に原因があるとも考えられます。

ゴムの劣化

パワーストーンも紐も形あるものなので、経年劣化や衝撃などで切れてしまうことがあります。

半年から1年くらい経てば自然とゴムが劣化してきますし、毎日身に着けている人であれば劣化スピードが早くなります。

ときどきゴムの状態を確認したり、石やゴムに亀裂や痛みが無いかチェックしておきましょう。

半年に1回くらいのペースでゴムの交換をしておくと安心です。

ストレスやマイナス感情が強い

パワーストーンは、あなたが持つ負のパワーを吸収する性質があります。

毎日強いストレス・怒り・悲しみに満ちているとき、パワーストーンが絶えられず短期間で紐が切れてしまうことも…。

修理してもすぐに紐が切れるという方は、一度自分の状態を見つめ直してみてください。

パワーストーンの紐が切れてしまった人の恋愛口コミ体験談

パワーストーンの紐が切れた時、他のみんなにはどんなことがあったのか気になりますよね。

そこで、Yahoo知恵袋から『パワーストーンの紐が切れた人に起こった恋愛体験談』をピックアップしました。

パワーストーンの紐が切れた意味

"私は、ブレスレットのひもが切れたときに1000マイル離れている恋愛が成就し、アメリカに行くことができました。
私はこれほどの幸運を手にしたことはありませんでした。”

引用:Yahoo!知恵袋

 

パワーストーンの紐が切れた意味

"私もパワーストーンのブレスレットの糸が切れその後ちょっとした恋愛関係でアクシデントがありましたが、幸いなことに最悪な状況にならずに済んだ思い出があります。
その時していたブレスレットが切れた事で、災難の身代わりになってくれたと思いました。”

引用:Yahoo!知恵袋

 

パワーストーンの紐が切れた意味

"ローズクォーツのストラップを2月に購入し、ずっと付け続けていたんです。
それで気が付いたらストラップが切れていました。
時間は朝だったのですが、その日に気になる人と初デートだったんです。”

引用:Yahoo!知恵袋

これらの口コミは、恋愛に関する出来事だけを抜粋したものです。

「恋が成就した」「アクシデントが軽く済んだ」「気になる人と初デート」など、どれも恋愛が良い方向に作用したものばかりですね。

やはり、恋愛の効果を持つ石がパワーを発揮し、持ち主の願いを叶えたことで紐が切れたと言えるでしょう。

パワーストーンの紐の修理について

パワーストーンのブレスレットは、一般的に2種類どちらかのゴムが使われています。

オペロンゴム

細い繊維状のポリウレタンを何重にも重ねて1本のゴムにしたもの。

ゴムの色が多く、柔軟なので手首のサイズに合わせやすいですが、繊維が少しずつ切れて劣化しやすいのが難点。

シリコンゴム

樹脂で出来たもので、オペロンゴムよりも頑丈です。

切れにくい性質はありますが、伸縮性には劣ります。

 

石自体が劣化しておらず、石の大半を無くしてしまったのでなければ、切れたゴムを変えてブレスレットを修理することができます。

パワーストーンお直しキットやゴムを買って自分で直すこともできますし、しっかり修理したいのであればパワーストーンショップに持っていくと対応してくれます。

切れたあとのパワーストーンはどうすればいい?

パワーストーンの紐が切れた意味

パワーストーンの紐が切れたのはゴムの劣化だけでなく、一つの役目を終えた意味の場合も。

修理して身につけ続けるのもいいですが、自然に還して新しい石をお迎えするのも良いでしょう。

どちらにせよ、石にしっかり感謝の思いを伝えることが大切です。

浄化させてまた身につける

パワーストーンが切れたのは、「パワーを使った」か「マイナスオーラを吸収した」ときです。

石本来の力を取り戻すために悪い気を取り払い、しっかり休ませてあげてください。

浄化方法は、クラスターや水晶、月光浴などさまざまですが、石ごとに適した浄化方法が異なるので調べておきましょう。

自然に還す

パワーストーンは人工物でなく、自然から産出したものです。

役割を終えた石は、自然に還してあげるのが一番。

川に流したり、土に埋めるのが効果的です。

この記事のまとめ

パワーストーンの紐が切れるのはゴムの劣化の可能性もありますが、石が何らかの効力を発揮した表れでもあります。

俗説では良い兆しと悪い兆しの両方が言い伝えられていますが、全ての出来事は心とのフィーリングから生まれます。

良いことが起こったときは素直に石に感謝し、悪いことが起こるかもしれないと思ったときは、幸運までの試練と考えましょう。

決して、「パワーストーンの紐が切れたから悪いことが起こる!」と思い込んではいけません。

思えば思うほど現実となって表れてしまいます。

紐が切れたときに起こる出来事をどう捉えるかが、あなたの願いを叶えるために大切なことですよ♪

-パワーストーン基礎知識

Copyright© 復縁したい! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.